postheadericon 内装もデコレーション

スター

内装にも使えるステッカーフィルムもあるため、難しい内装のリメイクも楽しめます。
デザインや色が豊富なだけでなく、車に貼付けるだけなので誰でも簡単にアレンジを楽しめます。
はがすだけで元に戻せるので飽きてきた場合も安心です。

デコラインなどはインターネットやカー用品専門店で取扱っているため、手軽に購入できるのも魅力的です。
車の雰囲気を変えたい方には、デコラインやステッカーフィルムは有効なツールです。

postheadericon 車のアレンジを楽しむ

ハート

初めは気に入って買った車でも、長年使っているうちにデザインや色に飽きてきてしまったり、オリジナリティーを出したいと思う瞬間があります。
新しく買い替える以外にも車の雰囲気を変えるだけで気分は一新します。
外装はボディカラーを違う色にするだけでも印象が変わります。

専門の塗装業者に持ち込めば、きれいな仕上がりが期待できます。
通常では販売されていなかった色が選択できるため、オリジナリティーを出せるのが魅力的です。
しかし、全面塗装になるため、費用だけでなく時間もかかります。
また、査定額が低く見積もられてしまうこともあるため注意が必要です。

より簡単な方法としては自分でデコラインやステッカーフィルムを買ってきて車に貼付けるという方法があります。
ステッカーというと小さなものを想像しがちですが、ボンネットに貼付ける大型のステッカーフィルムを使えば、がらりと印象が変わります。
サイドボディーにデコラインを貼るだけでもワンポイントアレンジになります。

postheadericon デコラインの便利情報

星

デコラインとは、車のサイドボディーに貼るライン状で様々な模様がついたステッカーフィルムのことを指します。
多くのデザインが存在するので自分の愛車に合ったものを貼ったり、オリジナルのものを作成してくれる企業もあるため好きなデザインを貼ることも出来ます。

デコラインのステッカーは、比較的簡単に貼ることが出来るので自ら施工することも出来ます。
施工の際は雨天や風の強い日を避け、気温は20℃前後の日が望ましいです。

貼り付けの手順は、まず転写フィルムのたわみを取り除きラインを1本ずつに切り分けます。
ステッカーを貼る前に車の汚れや油分をふき取り、ほこりや砂などが付いていないか確認してからマスキングテープをガイドラインとして一直線に貼ります。
そしてそのガイドラインに合わせて慎重にステッカーを貼り付け、ドアの部分などはマスキングテープと一緒に切りドアの内側へ貼り付けます。
貼り終えたら転写フィルムとマスキングテープを一緒に剥がします。
施工後はしばらくの間洗車を避けたほうがいいです。

またデコラインを剥がしたいときは、ステッカーをドライヤーやお湯などで温めスクレーパーでめくればそのあとは手で剥がすことが出来ます。
ただし、冬期間や長期間貼っていたステッカーは剥がしにくくなっている場合があるので温めながら慎重に剥がし、最後に糊を綺麗にふき取ります。
このようにデコラインはフィルムを用意すれば業者などに頼まず自らの手で装着することが出来るので車好きな人にとっては自分の愛車をドレスアップさせるためにとても人気があるアイテムの一つです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930